常勤の看護師と非常勤の看護師の違い

看護師で働くには、常勤で働く場合と非常勤で働く場合とがあります。
常勤は通常の職場で言えば正社員。
フルタイム、フルシフトで働く看護師のことを言います。

入院病棟などを抱える大規模な病院では、夜勤でも準夜勤や深夜勤、夜勤明け、早番、など、全ての業務をこなさなくてはなりません。
一方、入院病棟のない小規模な病院やクリニックは夜勤や早番などのシフトはありませんが、病院開始から病院が閉まるまで、そして病院が閉まった後も後片付けや次の日の準備などに追われることになります。
非常勤の看護師の場合、自分の働ける都合に合わせて働くことができるので、そういった意味では常勤の看護師よりは心身ともに負担は少ないです。
そのため、出産や育児などでブランクがあいてしまった看護師たちが職場に復帰する際、非常勤という形で復帰する看護師が多いです。
数年という期間、看護から離れていた不安や体力に自信が無いのは当然。
非常勤でゆっくり心も体もなれさせていくというのは必要です。

しかし、非常勤には非常勤なりの問題点もあります。
まずは待遇です。
常勤の看護師たちには、ボーナスや昇格、昇給などがありますが、非常勤の看護師にはそれがありません。
勤務時間数によっては社会保険に加入できないときもあります。
社会保険に加入できない場合は、貰った給料から国民健康保険に保険料を納めなくてはいけません。
さらに、非常勤の職員は、職場外の研修や勉強会などに参加する機会も少ないため、スキルアップしたい看護師には向いていません。
そのほか、常勤ならでるさまざまな手当てなどが、非常勤の看護師では付かないことも多いので、同じ時間働いてももらえる給料は常勤に比べると少なめです。
急用の場合休みが取りやすいのは非常勤の看護師です。
常勤の看護師は、きちんとシフトが決まっているがために、体調が悪くなったりしても休みが取りづらいのです。
一方、非常勤の場合、最初から自分の都合に合わせて勤務条件を選んでいるため、休みも比較的取り易いです。
しかし、いくら取りやすいからとはいえ、しょっちゅう休んでいれば人間としての評価が下がるので注意したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です