企業が職場復帰を促す理由

職場復帰。それは家事や育児、介護などブランクを持っている人にとってはありがたくも難しいものです。
しかし、最近ではそういったブランクから離職者を防ぐために、看護業界などを中心に職場復帰支援制度を用いる企業が増えてきています。

実際、どんな支援が行われているかと言いますと、復帰支度金など金銭面補助、職場復帰支援研修といった身体面での補助などがほとんど。 例えば看護師や介護職ならば、もう一度一から医療行為や介護業務などを学び直します。これにより、復帰する社員は自分が休んでいた間の業務の発達した点や、以前学んでいた業務に触れる事が出来るので、職場復帰への不安などを取り除く事が出来るのですね。これらの支援を受けて復職した看護師は多くいます。

なぜこんなにも職場復帰をすすめるのかといいますと、一から新人に教える手間を省く事で職場の人材不足解消はもちろんの事、その社員のブランク中での経験をも十分に活かせる環境を作り上げる為だといいます。確かに、結婚や出産、育児、介護というのは、その時でなければ出来ない経験です。そして、その貴重な経験を活かしたいという方は少なくありませんよね。 しかし、新しい職場をもう一度探し出そうと思いますと、それは意外と難しいものです。異業種となればなおさら。 だからこそ、勤める側も雇う側も楽な職場復帰を支援するというやり方が最適な方法なのですね。 一度仕事を離れてしまいますと、その疎外感はかなりあるかと思います。しかし、その離職中に経験した事も立派な仕事。それを活かしてみるというのは、とても素敵な事なのではないでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です