眼科で働く

眼科の求人には看護師か視能訓練士の資格を持っている人がよく条件として載っています。どちらも持っている必要はないので看護師免許を取得していれば大丈夫です。一口に眼科と言っても外来だけ行うところ、レーシック手術など手術を行う眼科など様々です。一般外来だけを行うところであれば、多少ブランクがある人でも働きやすいと言えそうです。

逆に手術を行うところであれば、眼科に関する最新の医療に触れることが出来たり、自分のスキルも磨くことが出来るので、向上心がある人におすすめです。また、子どもから高齢者までが利用する場所ではありますが、比較的高齢者が多いようです。高齢者の相手をするのが好き、苦ではないという人にも向いているでしょう。また、細かい機材を扱ったり、手術がある場合は大掛かりな手術から小さなものまで様々ありますから、それに対応出来るのも条件です。

そして小さい手術が重なると1日に何回も手術をして、片付けて準備しての繰り返しになることがあります。長時間の手術をするのも大変ですが、1日に何度も手術があるのも体力勝負になりますから、それは覚悟しておきましょう。一般的な個人医院だと給与は1ヶ月20万円前後ということが多いようなので、看護師の平均年収である450万円から470万円よりは下回りますが、個人医院だと個人の能力給だというところもあったり、手術を行う専門性が高いところだとその分給与も上がるでしょう。全国各地に眼科はたくさんありますから、自分に合ったところを見つけていきましょう。

ブランクのある看護師さんは、自分で「ここでは働けない、自信がない」と決めずにやってみたい部門で挑戦できる!と思って頑張ってほしいです。多少経験のある看護師さんであれば勤務できるところはたくさんあります。今までどんな看護についていたか?どんな勉強をしてきたか?しっかりアピールするのが大切。結構、人間性で採用するところがあるので前向きにチェレンジしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です